冠婚葬祭の間違えやすいマナー

冠婚葬祭はマナーが問われる場面です。
が、お通夜はこの中でも駆けつける形で行くことが多く服装に気をつける必要があります。
いざそこに行くとき、気をつけるべきポイントがあります。
例えば仕事場からスーツでお通夜の会場に駆けつける場合、気をつけるべき事はネクタイの色。
普段の色ではなく黒色のネクタイを用意し着用するだけでも大きく変わります。
最近では黒ネクタイを100均で販売いているところもあるので、すぐに用意しやすいのではないでしょうか。
一方女性の場合、たまたま着ている服の派手な色が気になるという場合もあります。
そのときは黒・グレー・紺などのカーディガンをはじめとしたものを羽織るというだけでも大きく違います。
また大急ぎで化粧をすべて落としていくというのは間違いで、薄化粧で向かうことがよいとされています。
いざという時に対応できるように、上で示したネクタイなどは前もって職場のロッカーなどに入れておくのがいいと思います。

格安お葬式ならグランドセレモニー

家族葬 足立区

アーカイブ